ここでは、「賢い女性が失敗しないために絶対しないこと」について、書いています。
賢い女性は、同性からも一目置かれる存在です。

そういった女性のことを観察してみると、普通の人がやってしまいがちなミスをしていないように見えますよね。

というのも、賢い女性は失敗しないために、さまざまなことを考えて行動しています。

働く女性のみなさんに、賢い女性が絶対にしないことを聞いてみました。

男性にたてつくことはしない。

どんな男性でも男性を下には見ない。

すぐれた女性であれば自分よりできない男性をバカにしそうなものですよね。

ですが、賢い女性は、わざわざ女性と男性との溝を深めるようなことはしなさそう。

男性は敵に回さないようにすることで、上手に味方を増やしているのかもしれません。

不倫や浮気をしない。

不倫をしたとき、より激しいバッシングを受けるのは女性と言われています。

それまでは順調だったのに不倫や浮気で仕事や家庭を失うケースはよくありますから、賢い女性ほど反面教師に学ぶのでしょう。

時間を無駄にしない。

時間にルーズにはならない。

賢い女性は何をするにしても、効率的な時間の使い方をしていそうですね。

疲れのたまった休日も家でダラダラせず、ジムなどに通って積極的に疲労を回復していそう。

悪口を言わない。

悪口を言い合って仲を深める女性もいますが、誰かの悪口を言うと、自分に対する評価も下がります。

つまり、あの女性は人の悪口を言う女性だという評価をされるのですね。

賢い女性はそこまで見ていそう。

その悪口を誰が聞いているかわからないので、そんなリスクのある行為は避けそうです。

自分を卑下しない。

誰にでも欠点はあるものです。

それを周囲に愚痴りたくなることもあるでしょうが、自分を卑下するような言葉は本当に自分の評価を下げてしまうもの。

自分のことは自分が一番好きでいてあげるくらいの心持ちがなければ、幸せになれないでしょう。

賢い女性というと普通の人とはちがう才能に恵まれているのでは?と思いがちですよね。

ですが、普通の人ならしてしまうことを我慢するだけで、いつもとはちがう自分になれるかも。

周囲から賢いと思われる行動が、あなた自身の周囲からの評価を変えてくれるはずですよ!

ここでは、「男性が結婚しても隠してること」について、書いています。
はたから見れば仲の良い夫婦も、実は、それぞれお互いに明かしていない秘密や隠し事を抱えているかもしれません。

その秘密の大小や数はどうあれ、妻や夫がお互いに隠しがちなことって何だと思いますか?

へそくりや相手の知らない預金通帳など、お金にまつわる隠し事がありそうという意見が多数ありました。

ふたりの老後のために貯めているのか、離婚後の備えなのか、その真相は本人にしかわかりません。

夫婦とはいえ、付き合う前の恋愛のことまで全てを知る必要があるのかどうか。

夫婦だからこそ知らなくていいこともありそうです。

浮気や不倫はバレたら離婚覚悟の隠しごと。

女性の友達との食事もふたりきりとなると妻としたらいい気分はしませんが、さらにそれを隠されていたとなると余計自体が悪化しそうな気もします。

一緒に生活をしていればお互いに嫌な部分も見えてくるもの。

それをすべて口にしてはけんかも絶えなくなってしまいます。

ある程度の不満を隠すのは大人の対応といっていいのかもしれません。

夫婦においての隠し事は、バレたら最後と思うようなものがある一方で、お互いを思いやったり良い夫婦関係を保ちたいからこその優しい隠し事もありそうです。

でも、我慢に我慢を重ねた結果、あとでぼっと火がついて大爆発とならないように上手にコントロールしたいものですよね。

ここでは、「妊娠中、夫にされたくないこと」について、書いています。
もちろん、浮気や不倫は、どんな時でも許されるものではありません。

しかし、特に妊娠期間の浮気は言語道断という声が最も多く寄せられました。

確かに妊娠期間は夜の生活は滞ることになるでしょうが、そんなことは当たり前のことです。

大切なわが子の命を育てているのですから!

好きで体調を悪くしているわけではないのに、家事を頼むと嫌な顔をされたり、嫌味を言われたりしたら、それはかなりのストレスです。

夫としては面倒だなと思っているくらいかもしれませんが、妊娠期間の女性にとってはそれは離婚を考えるくらいの重大事項ということをちゃんと心にとめておいてほしいですね。

もしかしたら、こういう時にこそ、その人の本質が見えてくるのかもしれません。

自分が甘えられる立場でいるときは優しくしていても、いざ、自分が守らなければいけない立場になると、その優しさを示せなくなってしまう。

こういう人は、実際に子どもが生まれて来てからがちょっと不安になります。

これは夫としてというより、もう人間として一緒にいることは不可能な相手です。

女性に暴力を奮うこと自体がアウトですが、相手が妊娠しているとなるとさらに有り得ないと言えるでしょう。

女性は妊娠した瞬間から母親になっていくのに対し、男性は、基本的にはわが子を自分の手で抱いた時に初めて父親を意識するということは、はるか昔から言われています。

そこにはかなりの隔たりがあるということ。

なので、同じ温度で同じ苦労を背負いこむというのはしょせん、無理があるのかもしれません。

それでも一緒に育て、一緒に育っていくのが家族。

ほんの小さな思いやりが幸せを生むことを男性にも少しは自覚してほしいですね。