ここでは、「男に食べさせたいラブフードとは?」について、書いています。
古代から世界中で食べられてきたラブフードの数々。

マカはインカ帝国のときから活力剤として使われていました。

各種スパイスも、アラビアンナイトで商人が市場で買って子供を授かったという話が出てきます。

男性のボルテージを上げる食べ物に共通点があるとしたら、やはり体を温める効果。

中国大陸では昔から虎の性器が精力剤とされてきた。

ただ、虎の密猟が問題となり、現在は幻の食べ物とのこと。

アスパラガスに含まれるアミノ酸の一種、アスパラギン酸にはカリウム、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルと結合することで、体の各所にそれらをしっかりと運ぶ働きがある。

また、体内にたまった乳酸などの疲労物質をエネルギーに変換する作用があり、これがスタミナ増強の効果を生み出しています。

中国では古来、滋養強壮の秘薬として使われてきた歴史があります。

アスパラギン酸が含まれたサプリメントやドリンクもあるので、代用してもいいだろう。

恋に効く食べ物があるって知ってた?

イチジクは、絶倫食と呼ばれることもある、精力をつける食べ物なのです。

精力を高める効果によって、相手に惚れてもらう事ができると考えられています。

精力がアップすることで、気持ちが高まることが理由です。

イチジクは、比較的価格の高い食材でもあります。

そのため、価格が気になる場合には、気軽に食べることができるドライフルーツでも十分です。

ドライフルーツは乾燥させることで、イチジクの中に含まれている栄養が増えます。

チョコレートの中には、脳内物質や脳の活性状態を恋愛しているような状態にすることができます。

はちみつの中には、精力剤のような効果があります。

男性をより元気にさせることができるのです。

また、はちみつには、美容効果が豊富に含まれています。

代表的な効果は保湿ですが、女性ホルモンを分泌させる効果もあります。

この効果によって、女性らしさを引き出して、より魅力的な女性に大変身することも可能なのです。

バストアップや保湿など、女性に嬉しい効果がたくさんあるといわれています。

惚れ薬としてだけではなく、生活の中に取り入れてみましょう。

惚れ薬だけで、相手に惚れてもらうのは難しいと考えられています。

惚れ薬だけではなく、自分なりに惚れてもらう努力をしていきましょう。

有効な方法を5つ紹介します。

好きな人に、好きになってもらう為に参考にしてみてください。

1.相手の良い所を見つけて褒める
多くの人は褒められることで、「この人と一緒に居ると心地がいい」「もっと一緒に居たい」などの、プラスな感情を持つのです。
好きな人の良い部分をしっかりと褒めるように、意識していきましょう。

2.辛い時に頼る、甘え上手も刺激に

3.常に笑顔で居て、幸せオーラを出す
常に、笑顔が素敵な人で居ることが大切なのです。
また、辛い時にも、笑顔で笑い話のように話す人に対して「守ってあげたい」という感情が芽生えます。

4.さりげなくアプローチをする
アプローチをする時には、相手に「自分の事が好きかもしれない」と思わせる程度にすることが大切です。
必要以上にアプローチをするのは控えるようにしましょう。

5.自分磨きをする、足りないものをチェック
魅力のない人は、相手から好きになってもらうことはできません。
より魅力的な人になる努力をする必要があるのです。
自分に足りないものを、冷静になって考えるようにしましょう。