ここでは、「勃起と早漏の定義」について、書いています。
男の勃起には、心理的な刺激が原因になっているものと、物理的な刺激が原因になるものの2つの要因があります。

性的な刺激が加わることによって、大脳が興奮し、その興奮は脊髄から勃起中枢に伝えられて、続いてペニスの先に伝えられます。

すると、サイクリックGMPという成分が増え、海綿体の筋肉が和らぐため、、血管が広がり大量の血液が流れるので勃起が起こります。

これが勃起が起きるメカニズムの流れです。

なお、ED(Erectile Dysfunction/勃起障害)とは、勃起機能が悪くなることを言い、セックス時に十分な勃起ができなかったり、勃起を維持することができず、満足な性交渉をすることができない状態、性交するチャンスの75%以上で性交できない状態をEDと定義しています。

満足できる性交を行うことができない状態とは、意思に反して勃起に時間がかかったり、勃起できても射精前に萎えてしまうなどです。

男性であれば突然誰にでも起こることがあるので、恥ずかしいと思うことはありません。

セックスに悩みを感じるのならEDを疑ってみることが必要だとは限らない。

かくして、インポテンツとED(勃起不全)の違いとは、どのようなものなのでしょうか?

EDとは勃起してもその状態が維持できないというような男性の症状のことをいいます。

つまり、インポテンツは性的に不能なことをいうのですが、男として本来は備わっている機能がなくしたことを言い、差別する用語と推測されるため、インポテンツという言葉ではなく、EDという言葉を使うようになったそうです。

男性がEDになる原因とは、ストレスの蓄積、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量の低下や年齢によるもの、生活習慣、タバコやアルコールの悪習慣、うつ病の治療薬による性欲減退、気分の落ち込み、糖尿病や高血圧。

近頃は、生活習慣病の患者さんが徐々に増えてきていますが、高血圧や糖尿病などの生活習慣病は、血管や神経が正常に機能しなくなったり、血管に負担がかかってしまうなどするので、ペニスの血流が悪くなりEDになることがあります。

そのうえ、生活習慣が乱れると、ストレスが改善できず、睡眠不足にもなってしまいますし、食生活も乱れます。

そして、どんどん悪循環に陥ってしまうのです。

このような生活リズムの乱れが、EDになるリスクを高めます。

近頃は、肥満、高血圧症、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病によってEDを発症する人が増えています。

健康を維持するためでなくEDを予防するためにもライフスタイルを見直していくことが重要っていう考えはなかったですね。

僕は、もしEDになったらどうするべきなのでしょうか?

いうまでも無く、まずは生活習慣を見直すべきです。

生活習慣の乱れが続けばEDだけでなく、生活習慣病を引き起こす可能性が高いです。

EDの悩みを解消したい人は、病院へ行くという手段もあります。

医療機関を受診する時期は、女性が不満を抱いたときがベストでしょう。

普通は泌尿器科を受診しますが、EDを引き起こしている原因によっては、専門の科で治療を受けることもできます。

ですけれど、EDの治療薬は泌尿器科などのクリニックで、処方してもらってください。

病院で処方されるED治療薬としては、バイアグラやシアリス、レビトラですが、どの薬も効き目が高くて指示通り飲めば重い副作用もないといわれています。

しかし、他の薬を飲んでいるという人では、ED治療薬を服用できない人もいるので、受診の際には病歴や現在治療中の病気などについて医師にきちんと伝えましょう。

近頃は、お薬ではなくてEDの改善する効果があるサプリメントもいっぱい販売されています。

EDは、男性が1人で悩んでいることが多く、パートナーの女性が男性のプライドを守りたくて、気づかない振りをしていることが多くあるようです。

しかし、この状態だと何も変りません。

EDは適切に治療することにより良い方向に向かいます。

女性も男性と一緒に受診する方法を考えてみてください。

つきましては、医療機関でEDの治療を受ける際は、どのような診察の流れなのでしょうか?

受診科は一般的には泌尿器科ですが、ED治療専門の医療機関でも良いでしょう。

まず、病院では受付を済ませ、問診表を記入して、医師の問診・診察を受けます。

問診の後は必要であれば血圧、脈拍、血液、心電図、尿などの検査を行い、EDの治療薬が飲めるかどうかを調べて、EDの治療薬を処方してもらうことになります。

EDの治療は保険証が使えないので、自己負担で会計をしてください。

いっそう、妻に相手にEDであることを告白するべきでしょうか?

男性が思っているよりも優しい女性が多いですし、EDであることを責める女性は多くないでしょう。

栄養を考えた食事を作ってくれたり、今までよりももっと悩みを聞いてくれるようになるはずです。

ただし、EDの治療薬に対しては強い不安を抱いている女性も多いと思います。

叶わないという時は、EDの薬は女性には悪影響がないことをきちんと説明したり、自分にはEDを改善する意思がある!ということを伝えれば女性は安心するはずです。

早漏の定義は、知っているのかと、問いただしてみると、口に出すことができない人が、多かったりすることにちょっとなあと思ってしまいます。

実際問題、その早漏の定義たるものは、医学的には、男性側における性機能障害とのことのようで、男性器挿入前か、女性器への男性器挿入後1分以内に射精してしまうことです。

男性にとって性交が苦痛、悩み、フラストレーション、最終的には回避という状況に陥ることが確認できます。

しかれど、挿入してからの持続時間については、実際には、女性による、かなり個人差が存在するようなことが、普通かなと思います。

実際、実情は、普通一般言われる日本人の平均の挿入の際の持続の時間については、歳による差もあるみたいです。

最初挿入から、最後に射精まで、7~9分という男性がほぼ大多数だと思われたりしているようです。

それにしても、勃起の際の持続力ということについては、実際は、男性によりけり、かなり個人差が出てきたりするようなことが、一般的ではと思います。

実際としては、外的要因といった、興奮材料の有無もかなり関係すると思ったりします。

一般的には、年齢によって格差があって、アラサーまでの若者であれば、勃起持続時間の平均は1分30秒~2分、60代の歳になってしまうと、勃起持続時間の平均が15秒~20秒ということのようです。

だからといって、早漏の原因・メカニズムとは、さて、問いただしてみると、そこで悩みこんでしまう人が、多いのではないかと思ったりします。

実際、その早漏の原因・メカニズムたるものは、医学では解明されていないのですが、副交感神経の機能がうまくいかないことが要因で、勃起や射精の時の自律神経の働きがうまくいかないことが理由とも思われたりしております。

しかしながら、早漏とEDの関係性、それは、一歩考えてみると、いつまでたっても話せない人が、そこそこいることに気が付いたりします。

実際、その早漏とEDの関係性たるものとして、医学では解明されていないのです。

基本的に、勃起は副交感神経、射精は交感神経と反対の神経が作用しまして、早漏といったものは、性交渉の際、射精に至るまでの時間が短いということですので、勃起不全といったEDとは関係ないんだと、よく聞きます。

皆様、早漏なんかについては、真実かどうなのかわかりませんが、普段悩んでいる男性でも一般に、早漏を防げるような一般的な方法に対して、間違いない処置で、出来るにきまっていると考えられるようなのです。

スクイーズ法といった自分自身でできたりする方法や、塗り薬や飲み薬を使った早漏防止薬を医療機関に相談しながら摂取している人については、少ないことだと思われます。

それで、男の人は全般的に考えて、いわゆる結婚適齢期と呼ばれる年代になると、自分が早漏の状態が見られることについて、そうなると、過剰に感じたりするようになってしまって、病院に掛かろうとする人が、結構増えつつあると耳にします。

他方で、最初から病院に足を運ぼうと考えず、早漏対策グッズの包茎用のリングやコンドーム、スプレー等を店で購入して利用するようにする人も、だんだんと増加しているのも事実です。

中でも、早漏なんかは、ほんとかどうかわかりませんが、早漏しないようにする訓練そのものは、間違いなく対処方法を、熟知しているぞと実際を見ると、早漏抑制する塗り薬を利用して、中々、訓練までに至っていない男性たちも、かなり、多いといったことでは?とか指示される事があります。

まず、早漏と遅漏なんかは、疑問が残るのですが、日頃悩んでいる男性陣でも、自分はそのどちらでもないと、全く問題はないことについて、胸張って主張ができるようなのです。

ただ実際どうしているのかというと、女性の立場から考えると、早漏にせよ遅漏にせよ、自分とタイミングが合わないと感じられると、それはどちらでも気持ちくはないと感じる女性陣は、多いといったことではと思います。

そのかわりに、挿入してからのイクまでの時間は、実際には、女性それぞれで、かなりの個々人による差があることが、普通かなと考えます。

実際として、普通一般言われる日本人男性の平均のイクまでの時間といったことは、7~9分という人が一番多いのだと思われたりしております。

女性側からすれば、時間というより自分よりもり先にイッてしまうといった場合は、それは早漏れよねと、思ってしまうようです。

今、早漏の定義とは、どういうものかと、分かるでしょうかと聞いてみると、口に出てこない人が、結構いるのではないかとちょっと心配をしたりしております。

実際、その早漏の定義とは、医学的には、男性における性機能障害だとのことで、男性器挿入前、更には女性器への男性器挿入後1分以内に射精してしまうことです。

男性にとって性交が苦痛、悩み、欲求不満、最終的には回避という状況に陥ってしまうというようなことです。

かつまた、挿入してからの持続時間は、本来的には、女性それぞれ、かなり個々人による差が存在することが、多いかと考えます。

現実、実のところとしては、普通一般言われる日本人の平均の挿入の際の持続の時間としては、挿入から、最後射精に至るまで、7~9分という男性が一番大勢いると聞いたりしております。

そのうえ、勃起の際の持続力ということについては、本来的には、かなりの個々人による差が出てきたりというようなことが、普通ではないかと思います。

現実問題、外的要因といった、興奮材料の有無もかなり関係すると考えられます。

通常としては、年齢によって差があって、20代の若者は、勃起持続時間の平均は1分30秒~2分、60歳代になってしまうと、勃起持続時間の平均が15秒~20秒と聞いたりしたことがあります。

まず、早漏の原因・メカニズムとは、どんな形のものかと、何かと、ちらっと聞いてみると、口に出てこない人が、ままいたりすることにちょっとどうなのって思ってしまいます。

実際、その早漏の原因・メカニズムとは、医学では解明されていないのです。

副交感神経の働きがうまくいかないことにより、ペニスに血液が多く流れ込まずに、ペニスが勃起しないという状態のようで、勃起と射精の際の自律神経の働きがうまくいかないことが要因としてあると思ったりします。

といいますのは、早漏とEDの関係性なるものを、ちょっと、伺ってみると、直ぐに出てこないひとが、大勢いるということに心配を感じたりします。

実際、その早漏とEDの関係性たるものとして、医学では解明されていないのです。

基本、勃起は副交感神経、射精は交感神経と反対の神経が関係しまして、早漏といったものは、性交渉の際、射精に至るまでの時間が短いということなんで、勃起不全といったEDとは無関係なのではと、聞いたりすることもあります。

私は、真実かどうなのかわかりませんが、日頃悩んでいる男性でも、早漏を防ぐ一般的な方法に対して、間違いない方法にて、把握してますよと主張ができるようなのです。

スクイーズ法といわれている自分自身で予防できる方法や、塗り薬や飲み薬を使った早漏防止薬を医療機関に相談しながら摂取している人については、多いといったことありますかね?という訳です。

といいますのは、男性は一般的に、結婚適齢期といわれてしまう歳になると、自分が早漏という現象が出てくることについて、ちょっと過剰に悩んだりしてしまって、病院に行くようになる人が、かなり増加傾向にあると考えられています。

一方、最初から医療機関に足を運ぼうと考えたりしないで、早漏対策グッズの包茎用のリングやコンドーム、スプレー等を店で購入して利用する形の人も、だんだんと増えてはきております。

けれど、早漏等などは、不思議なんですが、日頃悩んでいる男性達でも、早漏を治す訓練そのものは、間違いなく対処方法を、分かっておりますと胸を張って言えるようなのです。

現実どうしているかというと、早漏抑制する塗り薬を利用して、実情は、訓練までに至っていない男性も、かなり、少なくないことでは?は実はブレないからだ。

過日は、早漏と遅漏などについては、真実は分かりませんが、日頃悩んでいる男性であっても、自分はそのどちらでもないのだと、全く問題はない旨を、声を大にしていうことができるようなのです。

ただ現実として、女性の立場から考えると、早漏にせよ遅漏にせよ、自分とタイミングが合わないと感じられると、それはどちらでも気持ちくはないと感じる女性の方々は、少なくないことだと思います。

これに反して、挿入してからのイクまでの時間ということについては、実際は、女性それぞれで、かなり個人差が存在するようなことが、多いのではと考えます。

実際、一般的に普通言われる日本人男性の平均のイクまでの時間については、7~9分という男性が一番多いというように聞いたりしたことがあります。

女性側からすれば、時間というより自分よりもり先にイッちゃった場合は、それは早漏れよねと、いう感は否めないようです。