ここでは、「色気がある女性には共通点があるのです」について、書いています。
色気と言うと、異性に対しての性的な魅力にあふれていることと思われがちですが、実はそうでもないようです。

周囲から色気があると言われる女性と、言われたことがない女性とでは、色気に対する認識が違うことが分かりました。

20~40代の女性600人の聞いたところ、まず、全体に、色気が欲しいと76.5%の人が回答しました。

次に、色気があると言われたことがあるかを尋ねると、同性からあると答えた人は21.5%、異性からあると答えた人は24.2%、同性・異性両方からあると答えた人は18.5%と、いずれも2割程度に留まる結果となりました。

色気とは何かという質問に対しては、色気があると言われる女性は、自信や知性など、内面に秘めた女性の知的要素を上位に挙げました。

逆に、言われたことがない女性は、色気の正体がよくわからないがトップに。

次いで、異性からモテることという結果になりました。

色気があると言われる女性は、色気を自分が内面から発信するものと捉えている一方で、言われたことがない女性は、色気についてピンときておらず、モテという他者目線で考えているようです。

次に、色気があると言われる女性、言われたことがない女性に、外見的に女性の色気を感じるパーツはどれかを挙げてもらうと、1位は両者とも口(色気があると言われる女性:81.1%/言われない女性:71.6%)、2位は前者が髪(71.2%)、後者は目(62.0%)という結果に。

髪への注目度については、前者は71.2%である一方、後者は53.3%と髪への注目する度合いは、色気があると言われる女性の方が20%近くも高いことがわかりました。

髪の注目度を検証するために、ノーメークで艶のある髪とフルメークで艶のない髪を見せ、どちらが色気があるかを調査しました。

ノーメークで艶のある髪に色気を感じると回答した人は67.2%でした。

そこで、具体的にどの要素に色気を感じるかを挙げてもらうと、全体では髪の艶が48.9%という結果に。

人間は本能的に、光ったり動いたりするものに無意識にひかれる傾向があります。

髪の艶は、男女問わず若さや性的な魅力を潜在意識的に感じ取る象徴で、男性からの視点では若わかしさの象徴、女性からの視点では女らしさの象徴であることが分かっています。

自信は心に安定感をもたらし、それに伴い、自分の心や行動をコントロールできるものと言われています。

その自信によって、女性としての自己の魅力をブレることなくしっかりと他人に表現することができるのです。

その結果、他人にも安定感や安心感を与えることになり、大人の女性としての魅力、色気を感じさせる要素につながると言えます。

 ここでは、「男性がメロメロになる〇〇〇上手な女性」について、書いています。
男性は基本的に、女性に甘えてほしい生き物。

小さいことでも甘えてもらうことで、優越感を感じているそうだ。

最初は、お醤油とってくれない?の小さいなことからでOK。

自分でできることでもわざわざ甘えることが重要で、段々相手から積極的におもてなししてくれるようになる」のだとか。

また、男性は言葉にしないと分からない生き物でもあるので、甘えた際は、ありがとう、甘えちゃうね!とわざわざ言葉にすることも忘れないように、とのことだ。

男社会は女社会と違い、お互いを褒め合わないのが一般的。

それを当たり前と思いつつも、内心、オレはこのままでいいのか?と不安を抱いている男性は多いそう。

だからこそ、おおげさに相手を褒めるといいのだとか。

一緒にいれて、幸せだよ、本当にあなたってセンスあるよね!などと褒めると、男性は自信を持ち、仕事でもプライベートでも力を発揮してくれるようになるそうだ。

小さい子どもを相手するような気持ちで、ささいなことでも褒めちぎってみるといいかもしれない。

男性から何かをもらったときは、ありがとう~!めっちゃ嬉しい!と120%喜ぼう。

内心は、え~、ボールペンかよと思っていても、男性がしてくれたことに全力で喜びを表現してあげるのだ。

すると、え!? こんなことで喜んでくれるの?と男性は気分をよくし、女性を喜ばすためによくお土産を買って帰ってきてくれるようになったり、家事を率先してやってくれるようになったりするのだそう。

今日から相手がしてくれたことには、(嘘でもいいから)思い切り喜んでみよう。

1週間続ければ、相手の変化を実感できるかもしれない。

男性とケンカしたときに自分から謝ること。

男性の力というものを満たしてあげるのが、妻の務めなので、すかさず謝ることが愛される女になるには大切なのだとか。

さらに、謝った女性側が、関係性の主導権を握れるようになるという。

男性と衝突した際、すかさず頭を下げて、ごめんなさいと謝り、満面の笑顔を彼に向けよう。

これでもう、相手はあなたにメロメロになってくれること間違いなしだ。

最初は恥ずかしいかもしれないが、がんばって実践してみよう。

1ヶ月もしないうちに、彼が一生離れられない女になっているはずだ。

 ここでは、「男が色気を感じる女性の体の部位とは?」について、書いています。
男性の心をくすぐるためには、男性のツボを心得ることが重要です。

特に、外見的な魅力は分かりやすいものなので、アプローチをするなら、外見に気を遣うことは絶対条件でしょう。

男は女性のどこのボディパーツに注目し、どういう部分に強く惹かれるのか、また色気を感じるのか、調査しました!

・うなじ、ちらりと見えるときに興奮を覚えるので。

・うなじです、日本人のかわいさが出る。

髪を結んだとき、上げたときにチラッと見えるうなじは、昔から男性たちの心をぐっと掴むもの。

後姿なので、なかなか気が回らない人も少なくないでしょうが、うなじの見せ方は大切です。

・ワキ、普段は隠れている場所だけど、チラチラ見える場所だから、気になって目でおってしまうから。

・ワキ、ふだん見せない部位だから何かのきっかけで見えたらすごくセクシー、意外ときれいにしている人と油断している人の差が出るところだから、女子力を測るポイントとしても使える。

どうしてワキ!?と思う女性もきっといるでしょうね。

どうも男性たちは、普段なかなか見えない部分に弱い生き物なのかもしれません。

見えないと見たくなる、見えるとドキッとしてしまうのでしょう。

・胸、ボリューム感が魅力的だから。

・胸、女性の象徴。

女性の象徴とも言えるバストは、多くの男性たちがフェティッシュな思いをたぎらせているパーツでもあります。

大きい、小さい、形、色などなど、多くのこだわりが男性たちの間にはあるのだとか。

・ウエストのくびれ、胸が小さくても、お尻が小さくてもエッチのときにウエストラインが締まっていたら、それだけで色気を感じるから。

・くびれスタイルが見えるから。

くびれはボディラインを美しく見せる重要なものですが、男性たちにとっては、美しいだけではなく、セクシーさを感じるポイントのようです。

バストとヒップとのメリハリには欠かせないものですからね。

・おしり、セクシーさが出ると思う部分だと思うため。

・おしりです、女性の身体のなかで一番魅力的。

ヒップラインも男性たちはすごく気にしています。

女性のヒップラインと、男性のヒップラインは全く異なるものですからね。

女性的なその曲線に、ついつい心惹かれるのでしょう。

・脚、むちっとした脚に魅力を感じるから。

・太もも、肉付きが気になるので。

脚フェチな男性は、女性が想像しているよりもずっと多いのかもしれません。

太もも、足首、ふくらはぎなど、男性によって、注目すべきポイントが細かく異なるそうです。

気になる男性のハートを射止めようとしたとき、外見に気合いを入れるのであれば、このようなパーツはとくに気を付けたほうがいいでしょうね。

相手の好みが分かっているのなら、そこを積極的に磨くべき。

的確なツボをついて、心をグラグラ揺らがせてやりましょうね!