シドルフィンEXハイグレード お酒を飲んでから3時間経てば服用可能

シドルフィンEXハイグレード お酒

シドルフィンEXはお酒で飲んでも良い?

お酒には血管拡張や血流促進などがあり、飲んでいると体中の血液が流れているのが自分でも実感できるくらいです。
シドルフィンEXに含まれている成分もお酒同様に血流促進効果があるため、シドルフィンEXを飲むと飲酒時と同じかそれ以上に血流の良さを実感できるでしょう。
同じような効果のあるシドルフィンEXとお酒を同時に飲むと、さらに効果的に増大ができるのではないかと考える人もいます。
単純に考えると効果倍増のような気もしますが、実は全く逆です。
シドルフィンEXをお酒で飲んだからといって効果が倍増するわけではありませんし、体に大きな負担をかけることもあります。
また、お酒のせいでシドルフィンEXの効き目が実感できなくなる可能性もあります。
増大効果を得たいなら、シドルフィンEXをお酒で飲むのは止めましょう。

お酒はシドルフィンEXの効果を半減させる?

シドルフィンEXとお酒の相性は良くありませんが、それはアルコールが体で分解されるときにシドルフィンEXの増大成分が使われる可能性があるからです。
増大に働きかけるために摂取したシドルフィンEXの成分が、アルコールの分解に使われてしまえば、増大結果を出すことはできません。
また、お酒とシドルフィンEXの血管拡張、血流増加効果が同時に起こると、体に負担をかける可能性もあり、高血圧気味の人などは頭痛や動悸を感じることもあります。
長く安全に飲み続けるには、シドルフィンEXとお酒の併用は避けたほうが良いでしょう。

お酒とシドルフィンEXの服用間隔は4時間以上

シドルフィンEXを飲むなら禁酒した方が良いという人もいますが、確かにそれには一理あります。
ただ、お酒を完全に止めなくてもシドルフィンEXとの服用間隔を空ければ、特に問題なく飲むことはできます。
体内に入ったアルコールは、約3時間~4時間で分解されます。
この時にシドルフィンEXの成分が使われなければ良いだけなので、お酒を飲む数時間前、お酒を飲んだ数時間後にシドルフィンEXを服用すれば大丈夫でしょう。
飲酒量やアルコール度数によって、体内で分解されるまでの時間には大きく差が付きます。
ビールでも3時間ほど、ウィスキーなどアルコール度数の高い物は10時間近くかかることもあります。
自分の酒量がどのくらいなのか、飲酒後にどのくらい起きているかによってシドルフィンEXを飲むタイミングを変えましょう。
基本的には就寝前が最も効果的な飲むタイミングと言われていますが、お酒を飲んだ時だけは昼や夕方にタイミングをずらすのも良いかもしれませんね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*